機械システム工学科科目のカテゴリです。

機械や装置の詳細設計の補佐及び関連する製図等の業務を行うために必要な資格として機械設計技術者試験3級がある。この資格取得するために特別ゼミⅠを基礎として過去問を解くことで各分野の出題内容と解き方を習得し資格を取得する講義である。

「ものづくり」において、必要な機能・性能を有する部品・製品を実際の形にするために「加工技術」は必要不可欠である。

 近年、加工精度に対する要求は高くなっている。加工学Ⅱでは精密に加工するために必要な要因を学ぶ。